ゆぅるり ゆきまる

ゆぅるり ゆきまる

日々をゆぅるり穏やかに生きたい私の徒然ブログです

この時季が重要… ヤスデの徹底対策!!

どもども、ゆきまるです。

 

夜間から朝方はまだ肌寒いですが、

日中はすっかり春の陽気になりましたね。

 

桜はもちろん、色とりどりの花々が咲き誇る華やかな季節となりましたが、

この時季は”奴ら”も目覚めるのです。。そう。。

 

不・快・害・虫

 

不快害虫にも色々ありますが、去年私はあの虫に地獄を見せられました。

タイトルにもあります、ヤスデです。

 

毎年数匹、少ない年はほんの1~2匹しか見かけなかったのに、

去年は異常な大量発生。暖冬も大きく影響したのかもしれませんが、

それにしてもありえないくらいの数のヤスデに苦しめられました。

 

私は実家暮らしで、この家にも20年以上住んでおりますが、

両親もあんな数は今までなかったと言ってました。

冗談抜きで1,000匹以上駆除したかもしれません。

 

今回は去年私が繰り広げた壮絶なヤスデとの戦いを

体験談を基にして対策法を書きたいと思います。

 

※このサイトには害虫駆除の商品を紹介するだけで、

害虫の写真は一切出ませんのでご安心ください。

対策法を知りたくとも特大の害虫の写真が出てくると

ほんとに心臓に悪いので、、去年は調べるのに苦労しました。。

 

 

 

 1、ヤスデってどんな虫?

1.ヤスデの見た目

ヤスデは大きさがだいたい20~80mmくらいで細長く、足の本数が多いのが特徴です。

この特徴からよくムカデに間違えられますが、見比べると大きく違うように思います。

ムカデを上から見た場合、足が両側ににゅっと生えてますが、

ヤスデは上から見るとそんなに足が見えません。

私的にはムカデに似ているというよりも、スリムなダンゴムシって感じがしますね。

 

 

2.人間に害はあるか?

ムカデと違ってヤスデは人間を噛んだりしません。

ここが大きな違いではないでしょうか?

ただし、手で潰したりすると、肌が荒れてしまうそうです。

(まぁ、そんなことする方はいないと思いますが、、あの見た目ですし。。)

直接手では触らず、殺虫剤で駆除した後はティッシュなどでくるんで処理しましょう。

 

3.どんな場所に発生する?

ヤスデはじめじめした場所が大好きです。

なので、日が当たらない場所や水回りなどによく出没します。

我が家はお風呂場に最もよく出没しました。

でも水自体は嫌いなようで、雨が降ると水から逃れるために、壁をのぼるという習性があります。

 

4.活動時期は?

ヤスデが一斉に活動するのは梅雨時期です。

5~6月にはもう土から出て家の周りや家の中に侵入します。

その後産卵し、秋雨の時期である9月頃にもう一度活動しますが、

この時季は産卵後、死んでしまう虫も多いそうで、梅雨時ほどは多く見かけないのが一般的なようです。

なので、1年で1番対策が重要なのは、梅雨が始まる前のこの時季、4~5月といえるでしょう。

 

 

 2.我が家のヤスデとの死闘 in 2020

”死闘”というと大袈裟に思われるかもしれませんが、私的には言い足りないくらいの地獄でした。

縁起でもないですが一番大量に出てきた時は、ヤスデから逃れるために自殺も本気で頭をよぎるくらい、精神的に追い詰められました。

そのくらい悲惨だったのです。

そんな去年の一連の出来事を、ここで紹介しようと思います。

 

1. 4月にお風呂場で1匹発見 地獄の始まり。

最初に発見したのは4月の中頃、お風呂場に1匹いたのが始まりでした。

今年も出てきたか~。。また家の周りに殺虫剤撒こうか、と母と言っていた次の日、

私が出勤している間に母が薬を撒いてくれたのですが、

家の外のちょうどお風呂場の前にあたる場所に何十匹ものヤスデがうじゃうじゃいたのです。

慌てて生きている虫は駆除しましたが、そのあと薬を撒いても遅かったんですよね。

すでに家の中にも侵入していたのです。。

 

この経験から言えることはズバリ、見つけてから対策しても遅いという事。

ヤスデは細長いため、どんな隙間でも簡単に侵入できます。

壁も登りますし天井にもはりつけるので、上の階の窓の隙間、換気扇など

あらゆる隙間から侵入します。

なので、土から出てきて活動を始める前にしっかり対策することが重要なのです。

 

 2. GW~8月まで、毎日駆除駆除駆除。

最初に薬を撒いてからもお風呂場はもちろん、玄関、1Fの寝室、洗面台、

更には2Fのリビングやキッチン、階段、私の寝室にも出没し、

ついに3Fの全室にも出没しました。もう家中です。

部屋を移動する度にヤスデに遭遇し、家の外には大量の死骸と生きているヤスデ

 

ヤスデは死骸の臭いにも引き寄せられるようで。

なので、家の周りの大量の死骸を掃除し、そしてもう1度薬を撒きなおす毎日。

この期間は本当に気が狂いました。体重に大きな変動はなかったのですが、

職場の先輩に「なんかやつれてる。」と言われたので、

精神的にも見た目的にも危なかったと思います。

 

5月の下旬ごろまではホームセンターの殺虫剤を使用していたのですが、

本格的な梅雨が始まる頃にはAmazonで購入した業務用に切り替えました。

このタイミングで、窓枠の隙間も養生テープで塞いでいきました。

注意して見てまわると、家の中には結構隙間ってあるんですよね。

気になるところは全て徹底的に塞ぎました。

 

 3. 9月下旬 ようやく落ち着く

猛暑が終わり、秋の風が吹き始めたくらいからようやく数がぐっと減りました。

死骸は落ちていますが、生きているヤスデを見かける事はほとんどなくなり、

油断はできませんでしたが、それでもかなり気持ちが安定してきた時期でした。

 

10月となり、11月にもなると死骸もほぼ見かけなくなり、

最後に掃除をしてからはもう死骸が落ちていることもありませんでした。

4月から11月までの約8か月、長い闘いでした。。

 

 3.ヤスデ対策グッズ5選

ここでは我が家で特に重宝したグッズを紹介します。

威力の強い業務用の商品も紹介します。

どの殺虫剤にも言える事ですが、小さなお子様やペットを飼っているかたは、
注意事項をよく読んで安全面をしっかり確認された上でご検討ください。

 

 1.ムカデ博士

 

これが1番重宝しました。

殺虫力ももちろんなのですが、私的には雨風に強いかが特に重要でして。

この商品は他の粉剤に比べて一番粒が大きいんです。

強風だと難しいですが、多少の雨風では持ちこたえてくれますので、

薬がずっと残ってくれているという、気持ち的な安心感もあります。

 

ただ、デメリットは2つ、

1つは袋タイプなので少し撒きにくいという事。私はダイソーガーデニング用の小さいスコップを購入し、それで撒いていきました。

もう1つは1kgでは足りないという事。家のまわりにしっかり撒こうと思うと

我が家の場合は5kgは必要でした。 

まずはお試しで1kg購入し、良いと思ったら数を増やすと良いかもしれません。 

 

  2.サイベーレ

 

 こちらは業務用で強力ですので、扱いには注意が必要です。

使用の際はしっかりと注意事項を読みましょう。

 

この殺虫剤は希釈して使用しますので、噴霧器が必要になります。

私はダイソーで購入した霧吹きを使用しました。

ホームセンターで買った大きな噴霧器も使用してはみたのですが、ちょっと扱いが難しかったです。

最終的に重宝したのはスプレーボトルの霧吹きでしたね。

我が家はこれで十分でした。

 

正直な感想では、思ったよりは効果がなかったかな、と思いました。

業務用ですし、期待し過ぎたのもあると思いますが、

壁に撒いてもまた登ってきていたので、殺虫効果はあっても虫よけ効果は薄いかな、

という印象です。

 

ですがこの商品、かなり量が持ちます。

ほんの少量を大量の水で薄めて使用しますので、

6月上旬に購入した1本が11月までしっかり持ちました。

たっぷり使用しても中々減らなかったので、とても助かりましたね。

 

 

 3.ムカデシャットアウト

ゾッとするくらいヤスデが死にます。撒いた翌日の死骸の量には衝撃でした。
出没する前の予防として撒くのも安心感がありますが、
既に大量に発生して困っているという方は、まずこちらを使用する事をオススメします。
 
ただ、こちらもデメリットをあげると、ムカデ博士同様、
1つは少し撒きにくいということ、もう1つは雨で流されやすかったということ。
効き目は素晴らしいので、天気予報でしばらく晴れが続くのを確認して使用しました。
後は粒子がかなり細かいので目に入らないように気を付けないといけないこと。
これくらいですかね。
 
他の粉剤も同じくらい細かいのもありますし、気を付けなければいけないのは同じですが、なにせ威力が凄まじいので。。扱いには細心の注意を払った方が良いですね。
我が家はペットを飼っていないので気兼ねなく使えましたが、
もし飼っていたら使用は控えたかな。。と思うくらい。

 

  4.フマキラー 凍殺ジェット

 

 

Amazon限定ブランドになります。

家の中でヤスデに遭遇した場合はこちらがオススメ。

大変大変お世話になった商品です。

殺虫剤は使用されておらず、凍らせて退治するので、家の中で安心して使用できます。

 

ただ、使用する際は少しコツがいります。

勢いよく噴射されるので、虫が飛ばされてしまう事があるんです。

いきなり近づけて吹きかけるのではなく、まずは少し離した状態からゆっくり吹きかけます。

そうして虫の動きを止めてからしっかり吹きかけると、飛ばされることなく殺虫できます。

吹きかける位置も重要で、対象の真上から吹きかけましょう。

斜め上や真横からだと、飛んで行って最悪見失います。。

 

 

 5.虫コロリアース

 こちらは屋外用で使用しました。

殺虫剤は色々試しましたが、最終的によく使用したのはこちらでしたね。

 

2wayノズルになってまして、この噴射ノズルがめちゃめちゃいいんです!

ヤスデは天井にもはりつけますので、普通の殺虫剤は届かなかったりするんですが、

この噴射ノズルを使えば余裕で届きました。

また、手が届かない隙間などにも活躍してくれました。

 

私は念のため屋内では使用しませんでしたので、あくまでも屋外用で使用しておりました。

 

 

以上、私が特に重宝したアイテム5選を紹介しました。

ムカデ博士、シャットアウト、サイベーレはホームセンターで見かけませんでしたが、

虫コロリはドラッグストアにも売ってますし、冷却殺虫剤も私はAmazonブランドを使用しましたが、他ブランドならドラッグストアに売られてます。

 

 

 4.我が家が業者に頼まなかった理由

ここまで対策グッズを紹介しましたが、もう一つ、専門の業者に駆除を頼むという手もあります。

ですが、我が家は業者には頼みませんでした。

理由は発生源が明らかに”我が家”ではなかったからです。

 

我が家の敷地内は一切土がありません。

全面コンクリートで囲まれていますし、ガーデニングもしておりませんので、

全く土が無いんです。

でも両隣の家は土がたくさんある造りでして、両方ガーデニングもされているので、

明らかにお隣から入ってきてたんですよね。。

隣との間隔は僅かにしか空いてませんし、事実、両隣を仕切る塀を乗り越えてこちらに向かってくる形で毎回ヤスデを発見してました。

 

さらに家の裏手は荒れ放題の空き地。

昔は畑をされていたのですが、ここ数年全くの放置なので、草生えまくりの荒れ放題な土地なんですよ。。そこからわんさか入ってきたみたいで、

家と空き地の間で一番ヤスデが死んでおりました。。

 

まぁ、頼めば改善はされたかもですが、やはりそれなりの費用は掛かりますし、

もし色々対策をしてもらった後にもやっぱり入ってきたらショックなので、

色々悩んだ挙句業者に頼むのは断念。

 

ですが、プロにお任せすれば駆除だけでなく、対策のアドバイスも頂けるようなので、

あまりにも酷い場合は一度検討されることをオススメします。

 

 

 5.最後に

去年の悪夢の始まりからもうすぐ1年。。

今年はどうなるのかとびくびくしておりますが、先手先手の対応が肝心なので、

粉剤はばっちり撒きました!

何度も言いますが、ヤスデを1匹でも発見する前に手を打つことが大切です。

 

対策はもっと色々あるかもしれませんが、去年の経験を基に私の精一杯の対策を書きました。

少しでもご参考になれば幸いです!

 

 

ではでは

 

 

 ゆきまる